お茶の効能

緑茶カテキンで殺菌に血糖値低下!更にダイエット効果!凄い効能力!

近年カテキンという成分が健康に良いとして注目が集まっています。
カテキンとはポリフェノールの一種で緑茶に多く含まれています。
ちなみに緑茶の渋みを感じさせているのがこのカテキンです。

この記事ではカテキンにどのような効果・効能があるのか、またカテキンを摂取するのにおすすめのお茶について解説していきます。
カテキン特有の渋味が苦手という方でも飲めるような緑茶も紹介するのでぜひ見ていってください。

カテキンの健康効果・効能

カテキンには主に8種類の効果・効能があるとされています。
その効果・効能は非常に大きく、特定保健食品(トクホ)に指定されている緑茶も販売されているほどです。それぞれの効果・効能について詳しく解説していきます。

☑️抗がん作用   ☑️抗酸化作用
☑️抗ウイルス作用 ☑️血中コレステロールの低下
☑️血糖値の低下  ☑️殺菌・抗菌作用
☑️虫歯・口臭予防 ☑️ダイエット作用

抗がん作用

カテキンは様々な臓器のがんにおいてがん細胞の増加を抑える効果を発揮します。
体内で発生する活性酸素によりDNAが傷つくことががんの1つの原因となっていますが、カテキンにはこの活性酸素を消去する力があるため、発がんを抑制してくれます。

実際にお茶処である静岡県の川根元町では胃がんによる死亡例が低く、全国平均を100とすると男性20.8、女性29.2という結果になったそうです。

抗酸化作用

抗酸化作用とは体内で発生する活性酸素を削除する働きのことです。
病気の原因の9割がこの活性酸素が原因となっていると言われています。
また活性酸素は人間の老化を進める原因とも言われており、緑茶を飲むことで抗酸化作用が働きアンチエイジングにも繋がります。

緑茶にはビタミンCも豊富に含まれているので美肌効果も期待することが可能です。

抗ウイルス作用

カテキンには抗ウイルス作用があります。
特にインフルエンザウイルス対する効果は大きく、お茶でうがいをすることで一時的にインフルエンザウイルスによって生じる症状を軽減されることが確認されています。
コロナウイルスに対する効果があるのかは正式に確認されていませんが、様々なウイルスに効果があることから予防として効果を発揮する可能性は十分にあるでしょう。

血中コレステロールの低下

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールの2種類がありますが、コレステロールを増やしているのは悪玉コレステロールだけです。
悪玉コレステロールは心筋梗塞や脳梗塞の原因と言われており、カテキンにはこの悪玉コレステロールを抑える効果があります。
ちなみに善玉コレステロールにもカテキン同様に悪玉コレステロールの増加を抑える働きをします。

血糖値の低下

カテキンには糖質の吸収量を減少させる効果があります。
糖質は小腸で消化酵素によってブドウ糖などに分解されたのちに体内に吸収されるのですが、カテキンによって糖質の吸収量を減らすことで血糖値を抑えることに繋がります。
血糖値は食後に上昇するため、食前に緑茶を飲むことでより高い効果が期待できます。

殺菌・抗菌作用


カテキンは「毒素型」菌に対しては毒素を消す解毒作用、「感染型」菌に対しては最近の細胞膜を破壊する殺菌作用を示します。
毒素型菌とは細菌が食品中で増殖して毒素が作られ食中毒を起こすもので、感染型菌とは細菌が体内で増えて食中毒を起こすものを言います。
カンタンに言えば食中毒の予防になるということです。

虫歯・口臭予防


カテキンは虫歯の原因となるミュータンス菌の増殖を抑える効果があるので虫歯予防として効果を発揮します。
また、口臭の原因物質である揮発性硫黄化合物(VSC)と結合することで口臭予防としても利用されています。
しかし口臭予防としての効果はそこまで大きいものではないので、何か他の口臭対策と併用することをおすすめします。

ダイエット効果

カテキンを摂取すると肝臓の脂質代謝が高まりエネルギーが消費されやすくなるので体脂肪率が減少します。
また継続的にカテキンを摂取することでエネルギーを消費しやすい体質へと変わっていくのでリバウンドしにくくなります。
これらのことからカテキンを摂取することはダイエットに向いていると言えるでしょう。
また消費しやすい体質になることは肥満予防としても大きな効果を発揮します。

カテキンを摂取するのにおすすめの緑茶

カテキンの効果・効能を知ったところで、どのようなお茶を飲めばよりカテキンを摂取できるのか見てみましょう。
ここではカテキンを多く摂取できるおすすめのお茶を紹介していきます。
カテキン特有の渋味が苦手という方でも、飲みやすい緑茶も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

高級深蒸し煎茶 初芽

やぶきた品種の中で二番目に採れる新茶です。
最上級の極上より淹れやすく手軽に美味しいお茶を飲めます。
70℃前後のお湯で淹れると、とろっとした甘味が喉にスッと抜けていく優しい味わいです。

深蒸し煎茶 もえぎ

やぶきた品種の中で三番目に採れる新茶です。
強火で仕上げてあり、スッキリとした香ばしい緑茶になっています。
熱湯で淹れることができ、お食事時にゴクゴク飲むことが出来るお茶です。

パウダー茶 めぐみ

やぶきた品種の新茶を使ったパウダー茶です。
高級煎茶の葉、茎、芽を全部微粉末状にしました。
栄養分や食物繊維なども全部頂けるとので、カテキン摂取にもってこいのお茶です。

粉末茶入り 玄米茶

やぶきた品種を使った玄米茶です。
少量の粉末茶が入っているため、お茶の旨みも感じられます。
玄米の旨味で渋みが抑えられるので、お茶が苦手な方でも飲みやすくなっています。

この記事を書いた人
3代目お茶農家エイゴ
3代目お茶農家エイゴ
3代目と書いてあるけど、農家としては実は5代目?
自然栽培のお茶作り頑張っている農家です!

→プロフィール←

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA